単結晶構造解析

分子の立体構造と結晶内での分子相互の配列を調べる

単結晶X線構造解析

試料の三次元分子構造を原子レベルで決定する方法で、キラリティーを持つ分子であっても、絶対構造を同定することができます。最近では、結晶スポンジ法を用いた、におい・香り物質のような、結晶を作成することができない試料や、「Sub-three結晶」と呼ばれる、数μmサイズの結晶であっても、単結晶X線構造解析が可能になっています。

次世代構造解析とは!

X線では解析ができない事例だと、あきらめてはいませんか?
X線装置の進化により、以前は不可能と思われていた夢の解析が、すでに現実になっています。
特設ウェブサイト「次世代構造解析とは!」では、先進の解析事例をご紹介しています。ぜひご覧ください。
新世代の構造解析によるソリューションを、リガクが提案します。

アプリケーション